値段が安いお手軽な包丁

家庭で使われる包丁だと万能包丁と呼ばれる、一般の家庭料理で問題無く使用できる刃物が一般的です。その種類は鉄やステンレスが多いですが、今ではポリプロピレンの材質のものもあります。形は一般家庭で使用されるものは三徳包丁というものです。万能の由来は一般的に使用頻度が多い包丁の事をいいます。日本では三徳包丁が一般的になり、このような名が広まりました。値段はピンからキリまであります。安いものでしたら100円ショップで売られている105円のものからあります。もちろん高いものは名匠が打った刃物ならば何十万としたものもあります。手軽なものならばおすすめは2,000円~3,000円位のもので十分な切れ味はあると思います。手入れも簡単にできる刃研ぎが最近は売られているので手入れも簡単ですし、そうそう刃こぼれをおこしてしまうものもありません。家庭によっては果物ナイフやパン切り用のナイフ、出刃や柳葉包丁を使用するところもあるでしょう。果物ナイフ等も105円からあり簡単に手に入りますし、刃渡りは短いので小回りもきき扱いやすいのが特徴です。皮も薄く切れますし、細かい細工もできます。
それとパン切り用ナイフならばギザギザが付いていて普通の包丁と刃先が違います。
選ぶポイントとして衛生面を考える方もいるとは思います。例えば柄(持ち手)がマチ(刃と柄のつながり部分)とつながっていて汚れが貯まるポイントが無いものもあります。柄が木製のものもありますし、プラスチックでゴムの滑り止めがある物もあります。
子供用もあり、値段も1,000円~3,000円位とお手ごろです。特徴としては軽く、指が切れないような作りになっています。中には野菜などの材料は切れるようになっていて指や人肌は切れにくくなっているものもあります。
数ある包丁の中で、貴方が必要な用途に合わせた刃先の長さと素材を選ぶことが大事だと思います。そして使い分けを考えている方は一つに限らず、何本か持つ方がいいでしょう。
包丁のおすすめ>>>

人気の包丁を素材別に紹介

プロの料理人ではなくても、本当に使い心地の良い包丁を1、2本でも持っていれば、それだけで調理の手間がかなり軽減されます。
一般家庭で使用する物であれば特別高価なものである必要はありませんが、できるだけ長く使えるよう、包丁選びには時間をかけることがおすすめです。
包丁にも人気の高い製品というものがいろいろあります。まず挙げられるのは、大きさの違う2、3本の包丁がセットになったものです。このようなセットは調理する素材の種類や大きさなどによって使い分けできる点がメリットとなっているため、肉や魚を切るもの、野菜を切るもの、細かく刻んだり皮を剥いたりする際に使うものといったように、自分なりに用途を分けて使用するとよいでしょう。
また、素材やデザインとしては、刃と柄が一体になっているステンレス製の包丁が人気となっています。
刃と柄が一体になっているものは、デザイン性が高いだけでなく、洗浄や消毒がしやすいという利点もあります。特に肉や魚などの生物を切った後は、柄の部分まで熱湯を使って消毒できるものの方が安全性が高いと言えるでしょう。
さらに、使いやすい素材として人気が高いものにはセラミックやチタンなども挙げられます。
セラミックは非常に硬度の高い金属で、錆びにも強いという特徴があります。そのため、ステンレスと同様に熱湯での消毒ができたり、漂白剤に漬けておくことも可能となっています。一方、チタンも錆びに強く素材の臭いが残りにくいという特徴があるため、包丁の素材にはぴったりだと言えるのです。
また、最近では子供用の包丁も人気の商品となっています。おすすめはポリプロピレンなどの素材で出来ているものです。このタイプの包丁は手や指を切る心配がなく、小さなお子さんでも安心して一人で使うことができます。リーズナブルな価格で販売されていますので、自発的にお手伝いをするようになった時にプレゼントとして購入するのもよいでしょう。